Posted by at

2013年04月02日

新年度

新年度始まりましたねぇ〜

やっと今朝、昨日と今日の新聞まとめ読みで人事移動確認を…県農林水産部長に小寺サンが就任♪


県青協で、毎年農水部次長級の皆さんと意見交換をしてますが、初めて関わった年に「何故各課トップじゃないのか?」って聞いた事がありました。
先輩の回答は、「実務の責任者は次長級であり、その方々がいずれ昇格した時の顔繋ぎでもある」と…
小寺部長はH20年度の次長級トップで、我々青年部の声に耳を傾けて下さってきた一人でもあります。
今年度も県との連携をしっかりとって、盟友減少の中でも組織力が落ちない手段を見いだして下さい。

単年で、活動の効果を実感する事は少ないですが、受け継がれた青年部の流れは確実に実を結んでいます。
県青協役員の皆様は大変だとは思いますが、県内盟友の代表として、また県青協の伝統を受け継ぎ時代の一角を担う者として頑張って下さい!



追伸
2月の全国大会前日に農水省での意見交換やりましたが、後座に小早川部長の取り計らいで同席して頂いた木内サンは大臣官房環境政策課長に!
そして、ずっと影ながら青年部を応援して下さった県中小早川部長は、教育センター長に!
ますますのご活躍と共に、今後も酒飲みに付き合って下さい(笑

ついでに、杉町副部長、倉重君、澄田君、お帰り♪
  


Posted by 県青協 at 10:17Comments(11)場外乱闘

2012年06月15日

貫く

今日は、TPP交渉に前のめりなのに情報発信を怠ってる政府に代わり、県内のJA青年部が県内3ヶ所に別れて情報発信と反対の意を唱える貴重な日でしたが、あいにくの雨…歴代、行事の日に雨を降らせるのは委員長の責任とされていますので、白水委員長は雨男なのでしょう(爆



で、野外で行う予定だった小倉地区は本日中止の連絡が入りました…よって急遽久留米駅へ向かっております

TPP断固反対を貫く我々青年部にとって、情勢によって行動を緩めたり強めたりす事は意に反すると考えます
ましてや、日頃の農作業も忙しければ雨の日に合羽着てでも作業する我々にとって、雨は中止の理由にならないはずですよねぇ〜

あくまでも、予定の場所ではやれないだけですので、ここから先は“自主性”を問われると私は思ってます
たまたま、久留米地区は雨天決行できる久留米駅コンコースだと知ってましたので向かってますが、せっかく反対行動に立ち上がって出鼻を挫かれた皆さんも、次にとるべき行動をしっかりと検討して頂ければ価値ある中止判断になると私は思います


夜、地元で会議は入ってますので1時間くらいしかやれませんが、久留米駅で頑張ってきます!



追伸
現在、読者登録数15名
県青協委員が読者登録の呼び掛け行ってますので、検討お願いします!



百笑  


Posted by 県青協 at 14:41Comments(0)場外乱闘

2011年11月29日

予算交渉

TVで経団連米倉会長が川端総務相に「自動車取得税・重量税」の廃止を意見交換の中で求めたとニュースで流れていました。
国民は、「おっ!自動車が安く買える」としか感じてないのでしょうか?

年末に向けて、来年度の国の予算編成が活発化してくる中でのパフォーマンスなんでしょう。
現在のJAグループの予算要請の論点は何なんでしょう?

TPP反対運動の中でも我々が必至に訴えてきたのは「食糧安全保障」
21年度県青協が県選出国会議員へ要請した『食料品の消費税0%』は、今こそ強く訴える時かもしれません。

どう思います?


百笑  


Posted by 県青協 at 14:45Comments(2)場外乱闘

2011年11月07日

まとめ(4~5日)

4〜5日の行動報告です

[4日]
11:30〜 大家敏志 先生との意見交換
(昼食)
13:00〜 「TPPを考える国民会議」総決起集会
     ・山田正彦元農水大臣らが呼びかけている民主党の反対派中心
     ・山田俊男先生、森山ひろし先生(自民)、田中康夫先生(新党日本)、川田龍平先生(みんな)等も参加(国会議員約50名)
     ・出口付近で急遽演説も行われ、政府の最終判断まで気が抜けないと言う緊張感がひしひしと伝わってきた
篠原孝元農水副大臣
14:00〜 山田俊男 先生との意見交換会
14:30〜 松山政司先生、大島九州男先生、岩本司先生、古賀一成先生、楠田大蔵先生、野田国義先生、鳩山邦夫先生の事務所へ請願
※各議員要請に全員分の名刺を配り、それぞれの思いをぶつけてました。中川部長、田村TPP対策本部長、各部会長等、早々たるメンバー(驚
にじ青年部
18:00〜 全中倉重氏より情勢報告・意見交換


[5日]
13:00〜 JR有楽町駅前でTPP交渉参加に反対する街頭演説会
     ・自主的に主催者準備のビラ配布手伝い(300枚程度)
表面 裏面
     ・中野剛志先生(京都大学)、山田俊男先生、山田正彦先生をはじめとして国会議員やジャーナリストが登壇
山田先生
14:30〜 デモ行進
     ・日比谷公園→霞ヶ関→官邸前→国会(請願提出)→自民党本部前
     ・茨城県のJAグループ(100名)のてい団と山田俊男先生と共に行進



4日は全青協と関東圏の青年部による第二議員会館前での座り込みも行われていました。
にじの部長や参加盟友からは、議員要請の重要性を実感したとの声も
野田首相は「最後は私が決める」と発言してます。半数を越える国会議員の反対やJAグループが行った署名活動、国民の声は届いていると言う意見を多く耳にしました。しかし、総理に交渉参加断念を決断させるためには、現在の反対派をさらに増やし“交渉不参加”が民意(正論)だと安心して発言できるところまで世論形成を最後まで作る必要があると感じました。
議員会館での座り込み、デモ、天神でのビラまき、やれる事は全てやる必要があると私は考えます!


今日の朝から第二議員会館で座り込みを行っている皆さん頑張って下さい!  


Posted by 県青協 at 11:32Comments(2)場外乱闘

2011年11月03日

CM

全農のCM見ましたか?

あの程度なら我々でもなんとか作れると思ったのは私だけ?



本気でTVCM考えてみてはどうでしょう  


Posted by 県青協 at 16:00Comments(0)場外乱闘

2011年11月02日

いざ東京へ!

4~5日に委員長代理として上京を決めました!
JAにじからも日帰りを含めて10名以上の盟友が上京するとの事です

TPP推進派も反対派も4日に動きがある事から反対運動の正念場ではないかと考えます

山田正彦元農水相が世話する反対派の集会や中野剛志氏等の街頭演説の応援、全青協の座り込みや県選出国会議員への要請を行う予定です
また「TPPを考える国民会議」主催のデモ行進(日比谷公園→霞ヶ関→官邸等)にも参加しようと思います。

東京での活動ですので、盟友の皆様方の思いを背負い頑張ってきますが、デモに関してはSNS等のネットでの参加呼びかけを主としているため拡散が命です!是非ともSNSやfacebook、Twitter、個人ブログ、掲示板等での参加呼びかけのご協力をお願い致します!



【拡散希望】
STOP TPP@有楽町 2011.11.5 13:00~
中野剛志氏他、反TPPを唱える著名人や国会議員が有楽町イトシア前で街頭演説開催!
日時:H23.11.5(土) 13:00~
場所:有楽町イトシア前
※14:30から日比谷公園スタートでデモ行進を決行!



TPPの真実はこちら  


Posted by 県青協 at 22:54Comments(0)場外乱闘

2011年10月29日

TPP情報 【真実の扉】

【11月 3日 7時 更新】

民主党のTPPのPTの取りまとめが4日に行われると言う情報と、全青協が急遽座り込みを決行するとの情報が全青協掲示板に投稿されています。
この日が交渉参加反対運動の山場かもしれません!

※ TPP交渉への参加反対に同意頂ける方は、ブログタイトルの後に【TPP反対!】の入力をお願いし、情報共有にご協力下さい



icon974日は国会正式行事が組まれておらず、3〜6日は大半の国会議員が地元にいる模様…地元要請のチャンスです!

icon97【拡散希望】
STOP TPP@有楽町 2011.11.5 13:00〜
中野剛志氏他、反TPPを唱える著名人や国会議員が有楽町イトシア前で街頭演説開催!
日時:H23.11.5(土) 13:00〜
場所:有楽町イトシア前
※14:30から日比谷公園スタートでデモ行進を決行!


中野剛志先生が「とくダネ!」で激論!
フル
抜粋

米国のTPP交渉官は参加の意思を固めてない国は交渉に参加するなと・・・
読売新聞

フェイスブックで澄田和矢先生のTPP講座が絶賛連載中!
facebook

百笑が開国フォーラム時に細々と集めた情報です
TPPを考えようかい  


Posted by 県青協 at 16:03Comments(2)場外乱闘

2011年10月12日

TPP議論

九州経済連合会の主催でTPPの講演会が福岡市内で開催されました(110名参加)
青年部からは4名かな



今回は東大農学部から推進派の本間教授と反対派の鈴木教授がそれぞれの視点で講演を行われました。
はっきり言って情報が無さすぎで、霞が関で鉛筆舐めれば参加でも不参加でも世論誘導できるのが現実じゃないかなぁと感じます。



心配なのは、経済界の反応…
やはり、乗り遅れるなとか、交渉には入って現実的でなければ抜ければなど楽観的な意見の中、日本はお金があるんだから無いものは買えば良いなんて意見まで出てくる始末

エネルギー供給を止められないように、世界各地と貿易ができる体制つくりは必要と言う会場からの意見には同感ですが、安易な自由貿易で食料自給まで手放してしまっては、純輸入国に生き残るすべはあるのでしょうか?
もしそうなったら、エネルギー、食料を求めて次に大国へ何を差し出す?

農業を守らなきゃなんて話以前に、親として子供らが暮らす未来の日本が、住みよいものであるために何が必要か真剣に考えていきたいと思います。



百笑
  


Posted by 県青協 at 11:04Comments(0)場外乱闘

2011年10月12日

経産省!?

今年も福岡産業振興協議会主催で青年経営者の交流会が開催されました。

青年部からは5名参加で、貴重な意見交換の場になったと思います。



で、
今回、私の一番の収穫は、経産省にもこんな人いるんやぁ〜って発見が!
前田泰宏課長
印象に残った言葉は「原点回帰」
今回の震災で日本のGDP10%をしめる地域が被災し、その方々を東京や大阪、福岡等残りの90%が復興に対して何らかの支援・応援を行っている。しかし、10%の地域は沢山のモノを失いはしたが日本人の心を取り戻した。復興支援と同時に90%の地域は被災地から心を学ばなければならない。
現場主義の方で町工場等を尋ね歩き、被災地にも自費で何度も入り“やるべき事”を霞が関の机上じゃなく現場に求めてる人だと感じました。
懇親会にて免税軽油の話にも言及され、漁協の方から切実な話を聞いて直接の所管ではないが可能なかぎり働き掛けをしなければ地域産業が没すると…農業での必要性と時限立法ではない制度の確立が必要と付け加えときました



県青協委員や単組役員の方々は既存の行事だけでなく、こういった違う考えや異業種の方々と話すチャンスがあります。日々の営農や青年部活動も大変でしょうが、時にはこういった交流も新鮮ですょ





あっ
画像なし
百笑
  


Posted by 県青協 at 10:35Comments(0)場外乱闘

2011年10月01日

県民大会

TPP反対福岡ネット主催による『TPP交渉参加断固阻止 福岡の食と農、いのちとくらしを守る県民大会』が福岡市民会館で開催されました。

JAグループはもちろん、漁連や森林組合、県医師会等の医療関係者、一般消費者、流通関係者等1500名以上が集結しました


意見表明にて医師会、社会福祉組合代表者に続き、我々農業者・青年部を代表して倉富元委員長が力強く反対の意志表明を行いました。



その他にも大会決議や国会議員・県議の激励の他、WTOやEPA等の対外交渉最前線で情報収集を行ってこられた全中の小林部長から情勢報告がありました。



政府の議論不足、情報開示不足を指摘、実際の米国農業団体の考えや影響は農業界だけでなく国民生活全体に大きな影響を与えかねないと説明頂きました。また全中は、この福岡での大会をかわきりに全国でTPP反対運動の再強化を図っていくとの報告もありました。



野田新総理の外交も始まるでしょうから、政治主導をうたう民主党政権に向けて民意をしっかりと発信する事は重要と考えます。
“のろし”は上がった訳ですから、今からこの輪をどう広げるかが組織力を試されるところ…上部組織のリーダーシップも必要ですが、草の根活動が重要と考えますので、各単組・支部毎の行動も強化願いたいと思います。
  


Posted by 県青協 at 09:05Comments(0)場外乱闘